GOLDFIE(ゴルフィー)で資産形成

GOLDFIE(ゴルフィー)で体験したことを書き綴っていきます。

GOLDFIE(ゴルフィー)の思い

見てくれてありがとう!

Murakamiです。

 

本日はGOLDFIE(ゴルフィー)が、

根本的に考えている元々の考え方について紹介したいと思います。

 

漢字2文字で表すと、「理念」ということですね。

 

 

先ず、GOLDFIE(ゴルフィー)の理念をお話する前にこのニュースはご存知でしょうか?

 

それは2013年7月12日に行われた、

マララユスフザイさんの国連演説スピーチです。

www.youtube.com

英文でのスピーチでわかりにくいと思いますので、

上記の動画と以下のサイトで日本語と英語の対比を見るとより理解し易いと思います。

xn--tfrt83ip2e.biz

 

後の2014年12月10日にマララさんはノーベル平和賞を受賞します。

 

私たち日本人にとっては、戦争を考えることもなく、また質の高い教育を享受することは当たり前になっていると思います。

 

もしですよ、生まれる国が違えば教育を満足に受けられないことだってあるのです。

 

戦争や紛争が多いところでは学校すらないです。

 

これは夢物語ではなく、現実にあります。

 

 

こんな状態ではまともな教育を受けられないですよね?

 

 

そこに目を付けたのがGOLDFIE(ゴルフィー)になります。

 

教育を受けるための学校もなければ、紙やノート、鉛筆もない。

 

じゃあ貧しい国でも普及されているものってなんだろう、、、

 

 

そう、スマホです!

 

 

今の時代、どんなに貧しい国でも電波が通じていて、

スマホが普及されています。

 

そのスマホで教育出来るようになったら、

世界が平和になる。

 

 

GOLDFIE(ゴルフィー)は本気で実現できると、確信しているのです。

 

 

そして利用者がスマホで教育出来ることを体感し広めるなかで、

お金を得られる仕組みがあればより豊かになりますよね。

 

 

 

 

ここまでのお話を理解した上で、

GOLDFIE(ゴルフィー)が掲げている理念を紹介します。

 

 

それは、「教育で世界中の人々を幸せにする。」

 

 

大きな理念に思えるかもしれませんが、この考えが世界中に浸透したとき世界にある諸問題は、世界中で教育を受けた人達が協力しあい、必ずや問題を解決する方向へ進むと思っています。

 

 

私がこのビジネスに参加するにあたった決めての一番はここです。

 

 

勿論、ビジネスを行う際には資本力や商品、再現性は確認してますよ。

 

その上で、理念がしっかりしている会社と思えたから取り組みました。

 

 

ビジネスを始めるために、

毎月お金を支払うようなオートシップのようなものはないのです。

一度、電子書籍「e-books」を購入したら教育を受けられるようになるだけでなく、

お金を得られる仕組みもついているのです。

 

一番安いプランでも$300(日本円で36000円)です。

 

一回ポッキリの値段で凄い価値あるものを手に入れることができます。

 

 

私はそこに可能性を感じました。

 

 

 

まだまだ知名度は低いですが、

低い今がチャンスだと思っています。

 

このチャンス掴みたいと思ったら下記より連絡ください。

 

 

ブログではお伝えしませんが、

私から参加されると凄い人脈を手にすることができます笑

 

 

それでは今日はここまで。

 

GOLDFIE(ゴルフィー)について興味のある方は以下よりご連絡お願いします。

GOLDFIE(ゴルフィー)問い合わせ